なぜ自分は絵を描くことを恐れていたのか?

 

なぜ絵を描くことを恐れているのかの結論は、

自分をさらけ出す恐怖がそのままダイレクトに自分に伝わるからだとぼくが今まで生きてきた中で出た結論です。

 

いつから絵を描くのが怖くなったのか?

 

昔から絵を描くのが何かと好きでした。

ことあることにしかも美術以外で絵を描くと(国語の授業や、クラスの運動会で使う絵など)

クラスの1人か2人は

僕の絵に反応してくれる。

絵で人を喜ばせること・笑わせることが
できるんだと実感したことを今でも覚えています。

 

しかし自分の完璧主義が頭を出だしたのが中学2年生ごろから現れはじめました。

他人の絵や作品と自分の創ったものを見比べてしまう。

しかも、同級生で止めればいいものをプロの作品を

見て雲泥の差を感じ、絵を描くことから遠のいていきました。

そこから絵を描くのが怖くなっていったようです。

 

自分の答えは右脳で描くこと

 

以前にも書いたのですが、

この快画塾で習った方法だと本当に無意識で描くことが可能になり、

描き終わった後にこんな絵だったのかとか、うわお!いい絵できたなど

嬉しい誤算が生まれることがあり、結果を気にしなくなったのがとても良い影響を与えました。

 

快画塾

 

他人を喜ばせるのではなく自分を喜ばせる

現時点での答えはそこにあると思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

快画家 奈良のちょい田舎在住絵描き。 好きなことするため大阪から移住。 いやなことをする暇もないくらい絵描き・農・まちづくりに夢中。 快画の技法を使って右脳全開で生きる人たちを増やすことに 全力を注いでいる。