自分の思考を無意識にするためにモチーフを逆さにする

 

絵を描く時にはほとんどモチーフを使って絵を描いています。

慣れてくるとなぜか自分がいいなと思う絵になりません。

 

線がすらすら進んで「よく見る」という作業を

怠ってしまうからかと思います。

そんな時はただ単にモチーフの写真などを逆さにして

絵を描いてみます。

 

そうすることで、思考(見え方)を無意識にすることが可能です。

例えば人物を描いている場合モチーフを

正面でとらえると人にしか見えません。

しかし逆さにすることによって顔という

認識が薄れます。左脳で普段人という認識をしているものが

右脳でただのものとしての判断になっているようです。

ただの線になるという不思議。

影もただの線になってしまう。

 

最初は気持ち悪さがあるかも知れません。

慣れてくると、その描き方しかできなくなる人多数。

是非、お試しください!

 

ABOUTこの記事をかいた人

快画家 奈良のちょい田舎在住絵描き。 好きなことするため大阪から移住。 いやなことをする暇もないくらい絵描き・農・まちづくりに夢中。 快画の技法を使って右脳全開で生きる人たちを増やすことに 全力を注いでいる。